家づくりは意見をまとめることが大変

家づくりの際で最も面倒だったことはと言えば、「家族の意見を取りまとめること」と、「家族の意見の折衷案を考えること」です。注文住宅で建てたからこそ、家族からさまざま意見が出てしまい、それがかえって非常に面倒くさかったですね。

これでハウスメーカーで建てる住宅でしたら、既に間取りが決まっていますので、住宅設備を考えるぐらいだったと思うんです。けれども我が家は義理の父親の知り合いの工務店で建てる注文住宅になりましたので、まあひじょーうに面倒くさかったのです。二世帯住宅ですしねぇ…。

家族がそれぞれ遠慮せずに自分たちが実現したいマイホームを言いますからね。だからこそ、とっちらかってしまってマイホームに関する意見がまとまらないのです。それでもう、話し合いがまとまらなくって「もう!やめだやめだ!新築マイホームなんていらん!」というところまでいきましたから。もともと私は「無理をしてまで一戸建て住宅を建てることは無意味」という考え方でしたし。とにかくまあ、家づくりは「意見をまとめること」が大変でした。