家族の年齢と共に一戸建て住宅も変わる

子供がいないお宅ならば、一戸建て住宅の二階部分は、クイックルワイパー的な掃除道具だけで掃除できてしまう場合も多いでしょう。子供が巣立った後に、本当にこのように思います。わが家は、一階がリビングやキッチン、お風呂場があり、そして二階が洗面所と寝室、子供部屋になっています。ですから、子供が巣立った今、固形のゴミがあまり出ないので、掃除機をかける必要性がなくなっているのですよね。子供がいる頃には、紙ゴミをはじめ、砂が出てくることもあり、二階にも掃除機が必要でした。しかし子供がいない夫婦二人だけの生活になると、埃ぐらいしか汚れが出ないのですよね。逆に言えば、埃はどこからなのか、布団からなのでしょうけれど、いつの間にか出ていてそしてたまっていたりするわけです。しかし、大きめのゴミは子供がいなくなると目につかなくなりました。もとい、子供が中学生ぐらいにもなれば、大きめのゴミは出なくなりましたね。ですから掃除機をかける頻度も減りました。そして今ではクイックルワイパーの掃除で済んでいます。そして年を重ねるにつれて、一戸建て住宅で必要となる掃除にしても、家族構成によって変わりますからね。なので、家づくりについても、初めからがっつりと決めなくてもいいでしょうか。いいえも味わい深くなっていくのでしょう。家族の成長とともに変化したりしますからね。最初から仕上げようとしなくてもいいでしょうということで。岐阜市で戸建てリフォーム